スポンサーリンク

システムダイアリーという手帳

システムダイヤリーとの出会い

今から、30年以上前に、大学の生協にて、システムダイアリー(SD手帳)というものに出会った。

コンパクトさと用紙の豊富さ、SDシステムというものに惹かれて、使い始めたのを思い出す。

これが、30数年前に購入したSD手帳です。

かなり古いので、カビが発生しています。

黒革のSD手帳(30年以上前に購入)

システムダイアリーとは

システムダイアリー(以下SD手帳)は、1968年にできた日本で最初のシステム手帳です。

最大の特徴は、

コンパクトさ

SD手帳のサイズは、コンパクトで、常に持ち歩くことができます。

ワイシャツのポケットにちょうど入ります。

リファイルの管理システムが考えられている

書き終わったリフィルを保管しておけるプラケースが準備されています。

プラケースとリフィル

基本構成

バインダー

バインダーは、定番の革製、ビニール製があります。

また、幅厚と標準の2種が選択できます。

サブバインダーという簡易式のものもあります。

リフィル

リフィルは、数多くの種類が準備されています。

年間、月間、週間スケジュール、1日1ページダイアリー、色別のメモ用紙、住所録等、一般的な手帳より多くのリフィルがあります。

言い忘れましたが、リフィルの穴は、8つ穴となるため、専用のパンチが必要となります。

プラケース

さきほと説明しましたリフィルを保管しておくケースとなります。

枚数が枚数が多くなると、フタを取り外して、フタにリファイルがストックできるようになっています。

逆八の字形状のため、リファイルが取り出しやすくなっています。

会社の机の引き出しの2段目に収まりがいい寸法です。

私のSD手帳の中身

私が使っていた当時のSD手帳の中身は、5つのエリアで構成されていました。

第1エリア

ドライバーズポケット、ここには、シャープペン、付箋、運転免許証、切手などを入れています。

ポケット

第2エリア

目標ページ、やりたいこと、やりたくないことをリスト化していました。

やりたいことがわからない人は、まずは、やりたくないことを書き出ししてみるのがいいでしょう。

第3エリア

実現リスト、これは、やりたいことリストから、いつまでに達成したいかを年のスパンで期日を入れます。また、さらに、1年に中で、何月までに達成したいかの期日も入れます。

第4エリア

記念日を忘れないようにまとめておきます。

誕生日など・・。

第5エリア

24時間ダイヤリー、1月〜9月、10月〜12月の年間スケジュール、日付入りウィークリー

24時間ダイヤリーは、左側に予定(黒色)、右側に実績(赤色)で記入します。

おすすめポイント

私のSD手帳のおすすめポイントには、3つあります。

1つ目は、サイズ感です。

ズボンのお尻にいれて、いつも持って歩けることです。

人の記憶は、心もとないものです。

思いついたとき、なにかに残しておかないと、間違いなく忘れてしまうのです。

2つ目は、リフィル(手帳の用紙)の継続性です。

SD手帳のリフィルは、変更されずに、販売続けられています。

一時、経営危機となり、リフィルが購入されないことがありました。

現在は、経営者も変わって、販売が再開されましたが、リフィルのフォームは、全く変わっていません。

3つ目は、書き終わったリフィルの保管まで考えている点です。

書き終わったリフィルは、バインダーから取り外した後、うまく活用できていないことが多い。

SD手帳では、リフィルを保管するケースにまとめておくことができるようになっているのである。

まとめ

SD手帳は、日本初のシステム手帳であり、トータルでシステムが考えられている。

リフィルが、豊富であり、手帳好きにはたまらない手帳です。

私も、もう一度、SD手帳を使いたいと思ったときには、販売が中止されていて、断念したことがあります。

この記事を執筆時点では、以前のHPより、充実したHPで、30年以上フォームの変更のないリフィルが販売されていました。

また、SD手帳を使い始めたいなと感じました。