スポンサーリンク

プラベートと仕事の手帳を使い分ける?

就職して、仕事を始めるとともに、手帳を使い始める人が多い。

私は、先輩から、渡されてビジネス手帳が、始まりでした。

学生の頃から使っていたシステムダイヤリーと会社のビジネス手帳の分冊からスタートすることになりました。

手帳は、分けない、分ける、どちらがいいのでしょうか。

仕事とプライベート分けない派

分けないことの良い点は、仕事も、プライベートも、自分の予定を丸ごと把握できることです。

1日の流れが見やすく、ダブルブッキングが起きにくい。

荷物が少なくてすむのは良いですね。

わけることの悪い点は、見られたくないプライベートが書きにくいですね。

解決方法としては、自分だけの記号を使うことや、仕事は、ウィークリー、プライベートは、マンスリーを使うなどの工夫が必要です。

最近は、1冊の手帳が、仕事をプライベートで分けられている手帳が市販されています。

たとえば、

JIYU-Style

プラベートと仕事が1冊で、合体されて、前後から書き始められる。(2020年発売中止)

ダブルスケジュール

1冊で仕事とプライベートを管理できる。月間ブロックが同じ月を2つづつ収録されていて、2種類のスケジュールが記入できる。

仕事とプライベートを切り分けずに、1年間のライフログを手帳に残すことができることが、分けない派の良いところです。

仕事とプライベート分冊派

手帳を分けることの良い点は、仕事とプラベートで手帳のレイアウトを変えることができる。

たっぷり書くことができる。

自分の好みで、仕事用は、シンプル、プライベート用は、カラフルなものを選択できる。

分冊の最大の問題点は、予定が分散するので、ダブルブッキングの可能性があること。

両方を持ち歩くと荷物が増える。

仕事用は、会社に置きっぱなしにすれば、この問題は解決するが、前提としては、仕事が規則的であることが必要です。

たとえば、仕事が不規則な場合は、いつでも手帳が手放させないのです。

私は、分冊派なのです

今の私は、仕事とプライベートの2冊の手帳を持っています。

プライベートは、「トラベラーズノート・パスポートサイズ」、仕事は、A5の方眼ノートを「コクヨ ノートカバー 手帳 システミック リングノート」に入れて使っています。

分冊している理由は、仕事で、ノートを取る機会が多いことと。

分冊しても、スケジュールは、スマホやPCで、仕事とプライベートを統合して管理しているため、ダブルブッキングなどは、発生しないのです。

また、最大の分冊をしている理由は、仕事で外に出る機会があるため、手帳の置き忘れなどで、プラベートの情報を見られるのが嫌なのです。

コクヨ ノートカバー 手帳システミック リングノート

最後に

手帳は、分けるか、分けないかではなく、仕事の手帳は、業務管理、プライベートの手帳は、心豊かな生活のために使います。

自分の好きなように使えばいいのです。

手帳1冊から、分冊へ、分冊から1冊へと、そのときどきで、自分の好きなように使えばいいのです。

私も、1冊になったり、2冊になったり、使わなくなったりと、自由に手帳を楽しんでいます。

それでいいのです。