スポンサーリンク

モレスキンノートという手帳

モレスキンノートとは

モレスキンノートブックに付属している説明書によれば、モレスキンは、2世紀の間、ヴィンセント・ゴッホ、パブロ・ピカソ、アーネストヘミングウェイ及びブルース・チャトウィンなどの芸術家や思想家に愛されてきた伝説的ノートブックの継続人です。

中略

1980年半ばには、このノートブックは次第に少なくなり、そして完全に消えてしまいました。

中略

1997年、ミラノの小さな出版社が伝説のノート甦らせ、特別場な伝統を継承するためにこの名前を選びました。

今販売されている「モレスキンノート」は、復刻版ということです。

モレスキン ノート クラシック ハード 方眼 ラージ QP061. 黒
MOLESKINE モレスキン (2019-06-01)
売り上げランキング: 1,447

モレスキンノートの種類

モレスキンノートの種類は多彩ですが、よく使われるのは、標準的なクラシックと、ダイアリーです。

クラシック

主なクラッシックは、プレーン(白紙)、ルールド(横罫線)、スクエアー(方眼)である。

サイズは、ラージ、ポケットがあり、ハードカバーとソフトカバーがあります。

ダイヤリー

ダイヤリーは、オーソドックスにマンスリー、ウイークリー、デイリーがあり、スケジュール+ノート、縦書き、横書き、ハードカバー、ソフトカバー、12ヶ月と18ヶ月のタイプがあります。

シティー・ノートノートブック

旅の思い出、その町に住む人の日常の情報などを書き留めるノートである。

大都市しか発売されていないため、万人向けのものではありません。

東京、京都が発売されているようですが、使い道があるようには思えません。

私のモレスキン

私は、モレスキンのクラシックのラージ版、ポケット版を使っていました。

個人的にはルールド(方眼)を使っています。

高級感のあるモレスキンを使っていると、自分が、仕事ができるビジネスマンを演じるにはよい小道具でした。

ユビキタス・キャピチャーを実践するために使っていましたが、ただの手帳と比べると、高価な手帳でした。

ユビキタス・キャビチャーは、1日のできごと、考えたことを手帳に記入していくこととです。

手帳に筆記用具をさす機能もなかったため、クイヴァー社のペンフォルダーを海外サイトから購入をして使っていました。

このペンフォルダーは、モレスキン専用で、ぴったりでした。

2本差の場合、当たり前ですが、残ったペンが邪魔になって書きにくいので、結局1本差しで使っているます。

また、モレスキンに装着するとき、フォルダーのゴム部が固く、無理な作業をすると、表紙が変形することがありますので、注意が必要です。

あせらず、少しづづ動かしていきましょう。

2本差し

モレスキのおすすめポイント

高級感がある作りが一番のポイントでしょうか。

限定版のコラボ版が発売されます。

スヌーピーのコラボ版を使っていたことがあります。

ゴムバンドで固定するので、膨らんだ手帳もしっかり固定できます。

ただし、このゴムバンドが、伸びてしまうことがあるので注意が必要です。

まとめ

モレスキンといっても、ただの手帳です。

手にとったとき、多少なりの高揚感を感じる方は、使うのは有りですが、たかが手帳と思う方は、やめた方がよいでしょう。

作りは、しっかりしていますので、あとあと残すには、最適でしょうが、「高い」です。