スポンサーリンク

未来ノートでストレスなし

未来ノートとは

未来ノートは、日頃の心配ごとをなくすために、明日以降にやることをひたすら書き出したノートのことです。

明日やることをシュミレーションするだけではなく、2週間先までをシュミレーションすることノートである。

しかも、ノートは、ただのノートであるが、ページ数が半端なく、100ページを1ヶ月で使い切るという。

「未来ノート」で道は開ける!
渡邉 幸義
マガジンハウス
売り上げランキング: 206,072

未来ノートの使い方

未来ノートの構成

1日4ページづつ、1週間分のノートページを確保する。

1週間の最後には、来週に先送りしたことを書くページを2ページ確保する。

これの繰り返しとなる。

ノートの一番最後のページからは、来月に先送りした業務や、プロジェクトなどの計画を記入していく。

書き方

タスクを細部まで分解する。

たとえば、「○○の資料を作成する」と一行書くのではなく。

「○○資料のフォルダーを取り出す」から書き始めるのだ。

タスクのハードルを下げることで、タスクの先送りを防ぐのです。

具体的な例として、「私の未来手帳」で解説します。

私の未来ノート

私の未来ノートの構成は、今月のタスクページ、1日のスケジュール&タスクページ、来週への先送りタスクページである。

今月のタスクページと1日のスケジュール&タスクページ(月曜日から日曜日)+来週への先送りの4週分を1冊のノートにまとめる。

今月のタスク

今月のタスクをまとめるページ

1日のスケジュール&タスク

1日のページには、スケジュールとタスクを書きます。

スケジュールは、予定がきまっているものだけを書きます。

タスク欄には、その日にやるべきタスクを、今月のタスクや、前日の1日のページから転記します。

来週への先送りタスク

毎週日曜日の後のページには、来週へ先送りしたタスクと来週の会議を記入します。

未来ノートおすすめポイント

まず、毎日の不安がなくなる。

2週間分のスケジュールとタスクをまとめて書き出して、シュミレーションをする。

シュミレーションすることで、ヌケモレがなくなる。

ヌケモレがなくなることで、不安がなくなるのです。

タスクの先送りがなくなる。

やるべきタスクを、行動レベルまでに分解することで、ひとつひとつのタスクは、アクションしやすくなる。

とかくタスクが、先送りされるのは、やるべきタスクのかたまりが大きすぎて、手につかないことである。

未来ノート続かないポイント

未来ノートのデメリットとしては、未来ノートを作成するのに時間がかかります。

タスクの分解、タスクの転記、2週間分のシュミレーションなどなど。

1日1時間以上もかけて、ノートを維持しなければならずに、結局未来ノートは、ほったらかしになってしまいます。

おまけにノートは、B4と大きく、持ち歩きすらできません。

まとめ

未来ノートを続けることができれば・・・、

未来ノートに不安となるタスクを、すべて書き出し、明日のやることを、事前にシュミレーションすることで、安心して朝を迎えることができるのです。

未来ノートは、あなたの日常をきっと変えてくれるでしょう。